2時間で2,000字以上の文章を書く秘訣


「2時間で2,000字以上の文章を書く秘訣」を纏めてみました。この纏め文章自体をテンプレ化できるようにグレーの文字で、そのセクションがテンプレの何にあたるのかを併記しています。

[ A.商品名・サービス名・解決法 ]で[解決したときの効果]!

2時間で2,000字以上の文章を書く秘訣。

【目次】

[B.あるべき姿]と[現実]:序文
SEOにとって、コンテンツは重要な位置を占めます。なかでもソリューション(問題の解決法)を書くことは、ユーザにも検索エンジンにも高い評価を受けるため、SEOの重要な要素となります。
よって、それらの解決法を定期的に書いて、サイトに定期的にアップしていくことが重要となります。しかし、多くの人は、書くことが徐々に苦痛になり、ネタが尽きて継続できなくなり、やがて放置した状態になるか、差別化できないまま、書きっぱなしのサイトをSEO対策するしかなくなり、検索でのパフォーマンスが上がらず、悩むことになります。

[C. 商品名・サービス名・解決法 ]で[解決したときの効果]!(ちょっと長い文章)
今回は、文体を整理し、構造を明快にすることで「たったの2時間で2,000字以上の文章を書く」秘訣をお教えします。


[D.改善ポイント1の表題]

1.文章の構造を定型化する。

[E.改善ポイント1の解決すべき課題](前提)

まったく0(ゼロ)の状態から2000字もの文章を構築するのはプロのライターでも至難の業です。

[F.改善ポイント1の解決すべき課題](展開)
ましてや、本業で無い人が、それを成し遂げるのは到底無理があります。

[G.改善ポイント1の解決すべき課題](解決の糸口)
プロのライターが短時間で記事を書きあげる事が可能なのは「定型(テンプレート)」が頭に入っていて、それに沿って「獲得した知識」を記していくからです。

[H.改善ポイント1の解決すべき課題](解決の序文)
つまり文章を書くためには、課題とその解決手段や優位性が頭に入っている必要があります。

[I.改善ポイント1の解決すべき課題](解決の視点変更・転)
逆の見方をしてみましょう。つまり、あなたがその道のプロであれば「誰よりも優れたコンテンツ」を短時間で生み出すことが可能なのです。

[J.解決法]
実はこのコンテンツの作成方法には幾つかコツがあり、そのコツさえ押さえてしまえばより簡単に、より短時間に作成することができるのです。

コンテンツの構成は、以下のような定型のフォーマットに沿って書いていけば、自分の思うことを論点が整理された形で書くことが可能です。
  • A.最初に問題解決した姿を端的に記す。
  • B.リードとして理想型と現実のギャップを説明する。
  • C.それが解決した姿をA.に修飾して記載する。
  • D.改善ポイントの1を記載。(改善ポイントは最低2つ用意)
  • E.なぜ、改善すべきなのか、問題の前提を書く。
  • F.「ましてや」「なおさら」「さらには」などで修飾する課題の展開を書く
  • G.解決の糸口を書く
  • H.解決の序文であたかも、それは難しいかと思わせる。
  • I.実は簡単である事を示す。
  • J.解決ポイント1を書く。(リスト化する)
  • K.改善ポイントの2を記載。
  • L.なぜ、改善すべきなのか、問題の前提を書く。
  • M.「ましてや」「なおさら」「さらには」などで修飾する課題の展開を書く
  • N.解決の糸口を書く
  • O.解決の序文であたかも、それは難しいかと思わせる。
  • P.実は簡単である事を示す。
  • Q.解決ポイント2を書く。(リスト化する)
  • R.解決に関する纏めを書く。
  • S.後書きを添える。
  • S.目次を作る。
  • T.最後に一度ざっと読み、誤字・脱字・言い回しがくどい所を直す。
このフォーマットが頭に入っていれば書く事自体は意外に簡単なのです。寧ろ、そのノウハウを獲得するまでが重要なことに思えてくるはずです。


[K.改善ポイント2の表題]

2.ボキャブラリ(言い回しと修飾、語彙、言葉のバリエーション)で説得力を向上させる。

[L.改善ポイント2の解決すべき課題](前提)
上記のフォーマットで書いたとき、まったく、文章が足りない、簡素な内容になってしまう場合も多いようです。

[M.改善ポイント2の解決すべき課題](展開)
簡潔なことは良いことですが、解決の重要性が伝わらないと意味がありません。そして、SEOによる検索エンジンの評価も必要です。

[N.改善ポイント2の解決すべき課題](解決の糸口)
そうした場合、少し書き方を変えるだけで、より説得力のある文体に変身させることができるのです。この方法は意外と簡単です。

[O.改善ポイント2の解決すべき課題](解決の序文)
ちょっとした脚色の技法をマスターすれば良いのです。

[P.改善ポイント2の解決すべき課題](解決の視点変更・転)
しかも、「話す」「営業する」よりも、ずっと簡単な方法です。

[Q.解決法]
A.骨子の文章を作りそれに、5W1H(Whenいつ,Whoだれが,Whyなぜ,Whatなにを,Whereどこで,Howどうやって)を適宜追加する。つまり完成した文章を書くのでは無く、書いてから追記していき、完成を目指す。何度でもやり直しがきくので、人前でプレゼンするより遙かに簡単なことです。5W1Hをしっかり記述することはSEO上も重要とされています。

例:
骨子:「大事な事が伝わらない。」
追加1:「文章が簡素すぎて」大事な事が伝わらない。
追加2:「脚色のコツを知らないために」文章が簡素すぎて、大事な事「(ポイント)」「相手に」伝わらない。
追加3:「簡単な脚色のコツを知らないため、一気に書こうとし、その結果、上手く書けずに」大事な事(ポイント)が相手に伝わらない。

B.説明のバリエーションを加える。
A=A’ =A” 物事には必ず2つ以上の言い回しがあります。2つ以上の言い回しを付け加えるだけで、ターゲットユーザ(読み手)の幅が広がり、ボキャブラリ(キーワードのボリュームと網羅性)も広がります。

ボキャブラリはSEOにも非常に有効で、より広いターゲット・キーワードでヒットするようになります。新たなニーズを発見するためにも文章には幅が必要で、そうした観点からも有用です。試しにWikipediaで検索すれば、1つの単語からより多くの言い回しが発見可能なことを理解できます。


[R.解決に関する纏めを書く]
つまり「1.文体」「2.脚色」の工程を踏めば、誰でも、簡単に、かつ秀逸な文章で、解決法を提供することができるのです。特にGoogle検索のSEOでは、こうしたアプローチで作成した文章が重視される傾向にあります。是非実践してみて下さい。

[S.後書きを添える。]
ここまで1時間15分。この後、HTMLで装飾したり書き直した時間が+40分で、合計2時間以内でした。2500字超えてます。ね。簡単でしょ?是非、あなたの優れたノウハウを世の中に広めるために活かして下さい!

さらに時間を掛けて写真や図表を入れてみて下さい。もっと、良くなりますよ!

ちなみに我流です。より多くの優秀なライターがいらっしゃいますので、どのような構造で書かれているか意識して読んでみて下さい。


関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る