エキスバンド・コンテンツはスパムに値するか?


JavascriptやCSSで一部を隠しておき、メニューがアタッチされたら出す方式のコンテンツ(拡張コンテンツ/エキスパンドコンテンツ/ドロップダウンコンテンツ)があります。擬似的な演出をしたり、画面の有効活用やAjaxを使った動的コンテンツの取得などでもよく使われます。今回はこのエキスパンド・コンテンツがクローキングに相当するか?という話。

結論は単純には「スパムでは無い」。まず、露骨なキーワード・スタフィング(キーワードの詰め込み)クローキング(詰め込んだキーワードをユーザから隠すこと)でない限りスパムとはならない。ペナルティは受けない。

但し、例えば、それを見るための手段を一切与えていなかったり(つまり見せるつもりが無い意図)、1ページの中に6ページ分のコンテンツを隠していれば、それは問題といえる。多くの場合、そのような極端なケースはクローキングである事が多い。

いずれにせよ、詐欺的でも無く、ユーザのための工夫なら心配する事はない。

ーとの、事でした。


関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る