Google検索に重要な更新日時の理解【SEO学習】


Google検索のSEO対策に重要なパートの一つが上部のコンテンツです。では、複数の投稿が混在するページで更新日時をどのように理解しているのでしょうか?それを知るために幾つかの確認を行いました。

Google検索の更新日時表示で知りたかった事

疑問

・Google検索に出る更新日時は何を基準にしている?
・一部でも更新されたら、Googleは日時を更新する?
・複数の投稿の固まりがある場合、どれを取るだろうか?

テスト手順

1.Pingとsitemap.xmlをセットする。(開設時)
※途中でPUSHプラグインも導入。(pubsubhubbub

2.ページ上部に固定のコンテンツ(おすすめ投稿)を置き、サイトレイアウトを理解させる。(2013.3〜)
※合わせて、毎日記事が更新されている事も理解してくれています。

3.ページ上部の固定コンテンツ(おすすめ投稿)の下に、新しいコンテンツを追加し続ける。

4.検索結果に出る日付の変化を確認する。

5.ページ上部の固定コンテンツ(おすすめ投稿)のトップページ・ボリュームを減らし続ける(moreの位置を移動)。

6.検索結果に出る日付の変化を確認する。

7.ページ上部の固定コンテンツ(おすすめ投稿)を外す。

8.sitemap.xmlを古い日付のまま停止。

9.robots.txtを削除。

10.更新通知のみでGoogleに判断してもらう。

Google検索の更新日時表示で判った事


トップの構成は理解できている

「3.おすすめ投稿の下に、新しいコンテンツを追加し続け」ても「4.検索結果に出る日付の変化を確認する。」と「おすすめ投稿」を最後に更新した2013年11月を表示し続けました。このことから、ページ構成を重視していると思われます。

トップのキーワードボリューム

「5.ページ上部の固定コンテンツ(おすすめ投稿)のトップページ・ボリュームを減らし続ける(moreの位置を移動)。」を断続的に行いましたが、順位には影響しませんでした。更新日時は常に一番上のオススメ投稿を取っています。

スクリーンショット 2014-01-12 21.34.23

ページ上の表示日時

Pingやsitemap.xml等、日時通知方法がある場合、ページ内の古い投稿日時は関係ありませんでした。

通知方法の優先順位

sitemap.xmlを古い日時にした後、それを残し、PUSH/Ping通知を行うと、PUSH/Ping通知の日時を検索結果に表示しました。sitemap.xmlを削除し、PUSH/Ping通知をした場合も結果は同じでした。

PUSH/Pingを削除した場合、WMTのsitemap.xml取得で取りにきますがindexの反映には数時間を有しました。
一方Ping/PUSHは非常に早く、1時間前と表示されてました。(つまり1時間で結果に反映)

上部のコンテンツを排除

上部のコンテンツからオススメ投稿を外し、PuSH/Ping通知を行うと、一番上の新しい投稿の日付を取り、それもPUSH/Pingを優先しました。

結論

Google検索の更新日時判定順位

● 優先順位は、PUSH > Ping > Sitemap.xml > コンテンツ内の日付である。
※Sitemap.xmlはlastmodがある事が条件。
※PUSHはhttp://wordpress.org/plugins/pubsubhubbub/
導入しHubs (one per line)に
http://pubsubhubbub.appspot.com
http://pubsubhubbub.superfeedr.com
を入力

● ページ内の最初に出るコンテンツの日付を上記の更新通知の優先順位で表示する。

更新日時はGoogle検索の順位決定に少なからず影響があると思うので、確認しておきたいですね。Wordpress等のブログ型CMSは常に更新日時が通知されているので、コンテンツの配置だけ注意すれば問題ないと思います。

尚、このテスト以来、「SEO」と「SEO対策」の順位が下がったにも関わらずトラフィックが増加していますので、固定してきたコンテンツを外したままにします。これもどうなるか。#2014-1-14 さくっと11位に落ちましたので戻しました。動いているとはいえ早すぎw


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る