Google インスタント・プレビュー廃止


Googleが、検索結果で表示していたスクリーン・キャプチャのようなインスタント・プレビューを廃止した。
もう何日も前から出なくなりつつあったのだが、本日、以下のような▼が出るようになり、プレビューは出なくなった。

トグルーキャッシュ・類似ページ・共有

トグル:キャッシュ
(※今のところどういう状況で、このトグルのメニューが決まるのかは不明)

そもそも、このプレビューが出る場所はおかしな事になっていた。

3〜4位以降の広告を出すエリアで有りながら、プレビューの度に広告エリアは押し出され、広告スペックを落としてしまう。さらに、Googleリスト広告Google+ローカルナレッジグラフといった具合に大量のマネタイズ可能なデータを出し始めた事により、検索結果は非常に複雑な動きと、フロート・レイアウトをするようになっていた。

ナレッジ・グラフ
ローカル
その中で、リアルタイム性を失った古いキャッシュは、(Googleによれば)「活用されていない」機能だったと言えるだろう。検索品質の向上にも寄与していないし、ユーザの満足度にも繋がっていなかった。何よりもワイドスクリーンが主流になって空いた「高額な」スペースを有効活用したかったから、マネタイズできなかった機能を消したかったのでは?と、思う。


関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る