Google ウェブマスターツール再度動き始める


Googleウェブマスターツール(Google Webmaster Tools / 略称:WMT)が止まっていました。全てをSSL検索(https/セキュア通信)にリダイレクトを行っている事をGoogle自身が認めた事も9/25に明らかになり「不具合だとしてもタイミングが悪すぎる」との指摘もありました。が、不具合では無いようです。

2013年10月2日 追記:やはり不具合だったようです。というか処理が追いついていないのかも知れません。じわじわとデータが追加されています。現時点で、9/27まで進行中。誤りを訂正いたします。


9/23でウェブマスターツール(WMT)のデータが止まっていました。
スクリーンショット 2013-10-01 12.58.10
私も確認しました。Search Roundtable にも同様の指摘がありました。WMTは2日間遅れてレポートされるので9/25を境に止まったことになります。これがSSL検索で検索クエリが取得不可能になっている事が判明した日と完全に一致しているため「バグだとしてもタイミングが悪すぎる」との指摘が出ていました。(それが9/30時点)

しかし10/1(21:00ごろ)確認したところ9/24のデータまで進行していました。つまり、遅延期間が2日間から1週間に変更されている事を意味します。さらに10/2 AM9:00 時点で確認したところ、さらに1日進行していました。

スクリーンショット 2013-10-01 20.18.48
スクリーンショット 2013-10-02 8.59.36
Google Analyticsのメッセージも「直近の2日間は利用できるデータがありません」と出ていて変更されていません。しかし、9/30から順次進行しています。一気に解消されたのでも、未だに止まっているのでもなく、きっちり1週間の遅れでスタートした事から、「レポートの遅延期間が1週間に変更されたと思われます。」と推測した次第です。

どうやら集計が遅延しているようです。

今のところ、正式な告知は無いようです。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る