iOS版Google Nowは「Google検索」。


iOS版Google Now | Google検索アプリ
iOS版Google Nowがリリースされているが、見つけられない人も多いようだ。それも、そのはず。iOS版では「Google検索」がそれにあたり、App Storeで検索するなら「Google」または「Google検索」で検索するのが正解。Googleだからなのか、それともこのアプリの制作チームのポリシーなのかは判らないが、アプリのSEO対策など無頓着で、しかもGoogle検索アプリは以前からあるので=Android版のGoogle Nowとは連想できない人も多い。

iOS版のGoogle Nowは「Google検索」と統合する形で実装された。が、すこぶる評判が悪い。理由は、Google Nowのコンセプトから、位置情報機能オンがデフォルトになっている。位置情報機能を使わないGoogle Nowの良さは全く発揮できないのだが、既存のGoogle検索ユーザからすれば、位置情報機能オンにすることで電池消耗が早まることの方が、ずっと重要な問題のようだ。

確かに位置情報取得を示す矢印が表示される。GPS機能がオンである事を示すもので、大量の電池消耗に繋がるが、Google曰く、従来のGPS方式は使用していないらしい。

今回の「Google検索」アプリのアップデートは、これとは異なる方法で開発しており、よりバッテリー消費の少ない携帯基地局とWi-Fiホットスポットを(位置情報取得に)利用している。私たちは何ヶ月に渡りiOS版のGoogle Nowのテストを実施したが、著しいバッテリーの消費は報告されていない。

上記はC|net(米)に投稿されたGoogleの見解コメントである。とはいうものの、過去の苦い(?)経験からユーザの多くはこの矢印が出ると、電池消耗が気になってゆっくり検索ができない気分になるのも、確かである。

Google検索(iOS版)公式サイト
http://www.google.co.jp/dekiru/ios/tips/ios_hajimete_tip26.html


関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る