Googleマップが大幅にリニューアル


1つはGoogleのブログでも紹介された新しいGoogleマップ。ナビゲーション、リッチスニペット、カルーセルとGoogleプレイスのビジネスリスティングによる「マネタイズ」が強化されました。

リッチスニペットのマニュアルアクション(手動対策)で検索スパムを排除したのも一連のマネタイズ前に広告プラットフォームをクリーンナップする事が目的でした。

■ ローカル情報がマップ上に配置 広告とも融合
スクリーンショット 2014-02-21 1.14.01
スクリーンショット 2014-02-21 0.13.18
スクリーンショット 2014-02-21 1.01.27

■ マップの経路情報とナビゲーションは便利で見やすくなりました。
スクリーンショット 2014-02-21 0.20.57
スクリーンショット 2014-02-21 0.24.09
マップのテストは米国で先行して行われていましたが、日本国内向けのマップも相応に作り込んであるようです。道路の標識等にまで細かな配慮が行き届いています。これは強力でしょう。Appleがマップで失敗してしまったのが本当に悔やまれますね。

かなり多彩な機能を持っていますが、より整理されたので操作に迷う事も少なくなったように思います。

■ 画面下部にはカルーセル。ペグマンもいます。
スクリーンショット 2014-02-21 0.37.03

■ ルート変更を画面ドラッグで出来ます。
スクリーンショット 2014-02-21 0.50.02

■ ルート案内はストリートビューと地図モードをワンクリックで変更できるようになりました。
スクリーンショット 2014-02-21 0.48.23
スクリーンショット 2014-02-21 0.48.08

■ 地図上のポップアップも細密です。
スクリーンショット 2014-02-21 0.51.45

■ 地図の埋め込みまで改善
スクリーンショット 2014-02-21 0.38.14
20140221
フルリニューアルされた感のあるインタフェースは非常に良くできていますね。

広告プラットフォームとしては一段階、質が上がったと言えます。ナレッジグラフの広告テストも始まっていますし、本格的にマルチプラットフォーム、マルチメディアの広告プラットフォームがが完成しつつあります。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る