SEO対策はマーケティングの柱


スクリーンショット 2013-06-19 21.08.30 検索の価値が上がる程、SEO対策の価値も向上していきます。以前、マーケティングの柱は広告とキャンペーンでしたが、今、最も意志決定に関与しているのがオーガニック検索です。Google Think Insightsに興味深いデータが掲載されていたのでご紹介。

オーガニックは経由パスが少なく申し込みや購入に繋がりやすい


今回のデータは冒頭の図ように、メール直接サイトアクセス広告ソーシャル他サイトの紹介の5点の中で、どのチャネルが申し込み・購買に繋がったかを統計化したものです。

Google Analyticsは業界の統計データを取得する代わりに、自社のデータを「匿名」として、提供するオプションがあります。今回の統計データは、そのオプションを選択したユーザのデータを基に解析しています。

Google AnalyticsとGoogle Adwordsにはマルチ・ファンネルという機能がありリピータの再訪履歴をチャネル別にトラッキングしています。

この統計では、そのマルチ・ファンネルを国別、業種別に分類し、図表化したものです。

スクリーンショット 2013-06-19 21.09.17Google Think Insights

上の図は、日本国内の全ての業種の平均的傾向です。チャネルが丸印(色=チャネルの違い)で、下の数値は、チャネルの経由回数を指します。

例:「オーガニック検索」→そのまま購入 は 0(ゼロ)
例:「広告」→「オーガニック検索」→ 購入 は 1
例:「オーガニック検索」→「ダイレクト」→ 購入 は 1

数字が小さい程、意志決定に使用されるメディアとなりlast interactionに近づく程、意志決定までのパスが短いことを表しています。5つの分類ですが広告は更に、リスティング広告とディスプレイ広告、その他広告に分類されています。

総合的な平均ではDirectは「最後の意志決定チャネル」であり、履歴やブックマークからの流入が主となります。続いて、サイトリファラ、オーガニック検索となり、このあたりはDirectと近いラストクリックのチャネルである事が判ります。米国と比べると、日本は意志決定に時間が掛かるようです。米国(下図)では、複数のチャネルから購買まで一気にアクションが発生しています。

スクリーンショット 2013-06-19 21.34.04

日本人は意志決定までより多くの時間が必要


米国と日本の違いは、意志決定までの時間にも表れています。

スクリーンショット 2013-06-19 21.37.57
米国(上図)は半数が、その日に購入決定しているのに対し、日本(下図)は7割が複数日にまたがって購入決定をしています。

スクリーンショット 2013-06-19 21.37.43
日本人の「慎重さ」が伺えます。

業種によっても大きな開き


業種によってもチャネルの有効性は異なります。小売り(上図)と健康(下図)にも大きな開きがあります。
スクリーンショット 2013-06-19 21.11.05
スクリーンショット 2013-06-19 21.11.21
業種によって適切な選択が必要ですが、何れのジャンルでも上位に位置し、意志決定に関与している確率が高いのがオーガニック検索です。SEO対策の成否が売り上げに直結しているのは確かと言えるでしょう。


関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る