SEO速報:mozcastも大変化。Google大変動はまだ続く


ペンギンクラスですね。著作者情報の判定も行われているので、それらに関係あるかも知れません。

ただ、それだけとは思えない順位変化なので、同時に何か行ったと思われます。EMDの影響率が下がったとかPMDの影響率が上がったとか、ドメイン関連の新しいアルゴリズムかも?なんていわれています。そんな中遂に「mozcast」も大変動しました。「ロボ参戦」

「SEO速報:カンガルーとナマズが暴れてます」に続き本日も大きな動きが有ります。

著作者情報の判定も行われていて、以前から25%の偽著作を処分するとの事でしたので、それも実行済みかも。ただ、それだけとは思えない順位変化です。

mozも大きな変化でやはりこちらも、過去30日ではトップの異常値です。何らかのリンクネットワークに大きく手を加えたか、一部の今まで行わなかったアルゴリズムを再度実行したと思われます。同じくPMD/EMDも大きく変化しているのでドメインに何ら関連があるとも。

mozcast
スクリーンショット 2013-12-19 9.29.11

mozcast:PMD
スクリーンショット 2013-12-19 9.32.19

mozcast:EMD
スクリーンショット 2013-12-19 9.32.28

serpmetrics.com/flux
スクリーンショット 2013-12-19 9.32.48

namaz.jp
スクリーンショット 2013-12-18 9.37.24

Algoroo
スクリーンショット 2013-12-19 1.50.09


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る