被リンク優勢のnamaz.jpが安定している意味


namaz.jpは本日も安定しています。ほとんどの全ての順位変動検知ツールで異常値(変動「中」以上)を出している中、これは不気味とも言えます。

2014年に入ってからほとんど変化がないのがnamaz.jpです。mozcastなどが異常変動している中でです。

スクリーンショット 2014-01-20 22.12.22

ナマズが間違ってる?

ではnamaz.jpが間違っているのかというと、そうでは有りません。根本的に変動シグナルの考え方が違うのです。

namaz.jpがシグナルとして見ているのは被リンク型のユーザサイトの「指定した検索クエリ」の順位変化を対象としており変動も「(おそらく)順位」でしかトラッキングしていないようです。検索クエリの対象にもばらつきがあります。

日本国内だけを見れば、かなりリアル。

mozcastと大きく異なる理由は

対してmozcast等は、よりGoogleの考え方に近づけ、順位だけではなく、検索順位に関与する相関関係の変化を検出し、GoogleのSERPs(検索結果ページ)のUIの変化やナレッジグラフの動向までシグナルとしています。

よって ー

namaz.jp → 大きな順位変動を検知したときに反応する。
mozcast.com → Googleが何らかの変更を行ったときに反応する。


ナマズが反応したら?

namaz.jpが動いたのは、直近ではSEO速報:何か来てる? mozcastが100越え(11/16~)の時と、謎の検索順位が大変動(12/18~19)の時だけです。

そして、この時は凄まじい変動が発生し、ネットでは「阿鼻叫喚」で溢れていました。

つまり、ナマズが動いた時は「いろいろ覚悟した方が良い」のです。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る