Adwordsも進化しています。「入札戦略ツール」


「入札戦略ツール」何かすごそうな名前です。勝てそうです!SEOとリスティング広告はその効果が最大化するリードタイムと費用が異なります。SEO対策に括らずにROIを最適化するために柔軟なチャネル選択が必要です。

「入札戦略ツール」はAdwordsのエンハンスト キャンペーンに追加された新機能です。

Screen Shot 2013-05-16 at 9.34.39 AM

エンハンスト キャンペーンにアップグレードすると、数週間以内に新たな自動入札ツール「入札戦略ツール」をご利用いただけるようになります。このツールを使用すると、1 つのキャンペーン内でさまざまな入札戦略を併用することができます。ー Google Inside Adwords(http://adwords-ja.blogspot.jp)


Adwordsは広告代理店にお任せするのが確実なのですが、予算規模と手間の問題で、相応の費用を準備する必要があります。尚且つ、その営業担当者の技量次第で効果が左右される場合もあるので、成功するためにはそれなりの知識と多少の運(?)が必要になります。

さて、Adwordsを出稿するにあたって最初に悩むのが単価と予算配分です。どのような価値と効果があるか判らないまま設定して、クリック課金だけが膨らんでいくことも少なくありません。

これまでこうした課金の設定はキャンペーン単位で固定されていましたが「入札戦略ツール」は広告グループ単位で課金の戦術を変更可能になりました。露出・順位・予算のどれに重点を置くか、それをしっかり見極める上でも重要な良改善かと思います。

低予算で短期のトラフィック獲得を目指すならAdwordsも検討してみては如何でしょうか?

Google Inside Adwords:エンハンスト キャンペーンの新機能「入札戦略ツール」のご紹介
http://adwords-ja.blogspot.jp/2013/05/blog-post_28.html


関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る