Googleニュースのバグ?それともUSA Todayの故意?


Search Engine LandによるとGoogleニュースに【日付だけが更新された】USA Todayの古い記事が最新のトップニュースとして掲載されていたそうです。

USA Todayの日付のみが更新された記事

USA Todayの日付のみが更新された記事



http://searchengineland.com/google-news-showing-old-stories-as-new-a-google-bug-or-publisher-hack-167602

日付のみが更新された古い記事が最新記事としてGoogleニュースに掲載されていたようです。普通に考えれば「単なるバグ」だろうと考え、それがパブリッシャー(新聞社)に悪意があるとは考えにくい内容です。Search Engine Landにポストした Barry氏はなぜ、パブリッシャーの悪意の面も意識したのでしょうか?

それはGoogleの検索結果によるところが大きいようです。Googleニュースに単に掲載されるだけで無く、ニュースで重要とされた記事はSERP1ページ目に特定のキーワードで自動挿入されるようになっています。ビッグワードで挿入されればトラフィックも相当なものになります。

アクティブなワードでより高いポジションに表示させることでパブリッシャーにも、より大きなトラフィックを運ぶようになっています。特にGoogleリーダーを廃止してから、Googleニュースを利用するユーザも増え、トップ記事の重要度は従来より遙かに重要になっているようです。例えば、今「参院選」と検索すると数時間前までの記事が検索1位に表示されます。「衆院選」でもWikipediaが1位、2位はニュースです。(厳密には順位は無くニュースという枠で、1〜10位のどこかに挟み込まれる)

しかし、ニュースですからオーガニックの検索結果のように長期にわたって居座ることはできません。新しい他社の記事が出れば数時間で消えゆく運命です。古い自社の記事はGoogleニュースから消え、検索結果にも出なくなります。

その結果、極端にトラフィックが減った経験を何度かしたら?

今、残っている記事を少しでも延命させたいと考えます。あるいはちょっと前の古い記事を復活させたいとも考えます。「もし日付を変更させることで人気記事の寿命を延ばしトラフィックが少しでも維持できれば。」

そんな邪推を産みそうなのが今回のバグ?故意?の内容です。明確な答えは無かったようですが、そうまでしてもニュースとして残りたくなるだけのトラフィックが存在していると言うことかも知れません。あくまで推測です。全員がクリーンで単なるバグなのかも知れません。


関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る