Google検索 スパム単語をターゲットにしたアルゴリズムを更新


GoogleがスパムクエリーSEO(スパムに使用されやすいキーワード)をターゲットにした検索アルゴリズムを更新した。米国での影響度は0.3%。日本語でいうところの消費者金融、カードローン、アダルトビデオに相当するpayday loan, pornographicなどが対象。日本語に関しては影響は少ないと思われるが、フィッシングや違法サイトが多いトルコなどは4%程度に及んだという。

このアルゴリズムはすでに全世界に展開している。このスパムクエリーに関するアップデートは http://youtu.be/xQmQeKU25zg にて公開された「いくつかの大きなアップデート」の1つにあたる。スパムクエリーに仕組まれた巧妙なフィッシングやクラックなど、悪意あるWebサイトがターゲット。

1. ペンギンアップデート(実行済)
2. Advertorial(アドバトリアル)
3. 特定のクエリへの対応
4. リンクスパム対応
5. より洗練されたリンク分析
6. ハッキングされたサイト
7. オーソリティの認識度向上
8. パンダアップデートの調整
9. クラスタリングの改善(実行済)


関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る