Google検索は大人しい優等生


Yahoo!(米国)が2013年の検索キーワードランキングを発表し1位は「miley cyrus」だったそうです。実際にyahoo.comで検索したら想定以上の派手さに驚きました。

日本国内でのGoogle検索は少し賑やかになってきた印象ですが、米国Googleでのポジションは「Bing」や「YAHOO」と比較するとクールで簡素なイメージを維持していたんですね。

■ YAHOO(yahoo.com)
2013120403

YAHOO検索の場合、ファーストビューのほぼ7割はYAHOOのメディアと画像、ニュースに埋め尽くされ、オーガニックはほとんど目立ちません。検索結果はBingを使っているので、YAHOO = Bingとなります。

■ Bing(bing.com)
2013120401

Bingも同様に画像中心の構成です。

■ Google(google.com)
2013120402

対してGoogleは、まずテキスト検索結果を優先しています。広告が出ていないのはIPアドレスで表示されないだけだと思いますが、無駄クリックを減らしているだけでも、何かGoogle偉いな感じが(笑)


また、Yahooの場合、広告の境がよく判りません。間違ってクリックしそうです。
スクリーンショット 2013-12-03 17.49.28

これだけ見ると、Google検索が凄く優等生に見えるから不思議ですね。

【参考】
米国Yahoo 2013年キーワードランキングはこちら。
http://news.yahoo.com/year-in-review/


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る