Google Conversation Searchは“地味に”凄い


Search Engine Land にGoogle I/Oで最新の音声検索お披露目されて、現在、Chromeで利用可能なようだ。それが”地味に”凄い。なぜ、”地味”かというと、それ自体は指摘されないと判らない程、自然だったから。

引用:searchengineland.com

how old is Barack Obama ?(オバマは何歳?)

Google Talk
51歳。確定的なワードだし、Googleなら彼の年齢を返すことくらいはできそうであり、驚かない人もいるだろう。
しかし、次の質問ー

how tall is he ?(彼の身長は?)

Google Talk 2
heと言っているだけでObamaとは言っていない。しかし、前の質問から”he”=”Obama”である事を推測して「会話」している。

Previous Querry(前の検索クエリ)を認識し、それに対して適切な検索結果を返す。

Google Nowと組み合わせると、さらに「どこで検索した」までが判るから、

「東京まで、どのくらい掛かる?」
「(東京からそのルートで今の場所から間に合う時間の)チケット予約したい」
「(チケット予約した乗り物から到着時間を推測し、その時間の東京の天気予報の最新情報では)天気は?」

みたいなこともできそうですね。とー勝手に妄想を繰り広げるような記事でした。

#追記:日本語も対応しているようです。


関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る