SEOにペルソナ分析は必須。そして難しくは無い。


マーケティング企画をするときに必ず行うのがペルソナ分析。特にユーザ・ターゲティングするキャンペーンや広告では欠かせない工程の一つです。検索ユーザのニーズ「なぜその言葉でを検索しようと考えたのか?」を知る上でも重要なアプローチです。

ペルソナ分析とは

▼ 「ペルソナ」とは?~今さら人に聞けないマーケティング用語をおさらい!

「企業が提供する製品・サービスにとって、もっとも重要で象徴的なユーザーモデル」

この商品は誰が買うのか?常に問いかける事から始めます。

具体的に「職業は?」「起きる時間は?」「年齢・性別は?」「趣味は?」「家族構成は?」etc、様々な仮定を行い人物像を掘り下げて行きます。

ペルソナ分析の基本は自分

ではどのように分析すれば良いのでしょうか?

難しく考える必要はありません。
・あなた自身の疑問と答えが、多くの人と合致するなら、あなたは「母集団」
・あなた自身の疑問と答えが、多くの人と合致しないなら、あなたは「少数派」

あとは、自己分析をひたすら突き進めて行けば良いのです。

家族や友人にペルソナ分析をさせる

自己分析は「自己の欲求」と「他者の評価」によって行います。(自己啓発っぽく聞こえますがそういう意味では有りません。)

つまりー
「自分の考えが他人に認めてもらえるなら、あなたの考えはより多くの人に通用する。」
「他人の意見が総論賛成、各論反対なら、各論が個人差に相当する。」
これがペルソナ完成への近道なのです。

なぜ自己分析でいいのか

自ら書こうとする時に、知らない事、体験していない事を書く事は難しいでしょう。どのような中立的な記事でも自己の経験が混じります。自己の経験の浅い所から、深い所まで、初心者からプロになる過程までを書く事が良質なコンテンツの原則です。

ですから、自己分析は、コンテンツを突き詰めて行く過程で必ず(たとえ意識をしていなくても)行っている事であり重要なことです。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る