広告主優先?少しおかしいGoogleの評価


パンダの「緩和後」順位がとても不安定になった、一方で、明らかに品質の低いサイトが再び上位に来ています。例えば「SEO」で1位になっている「e-word」です。

以下を見比べてください。

スライド2
SEOで1位(左)の e-words.jp/w/SEO.html と 2位(右) ja.wikipedia.org/wiki/検索エンジン最適化‎ です。

どうひいき目に見ても、良質でユーザエクスペリエンスも高く、情報が網羅的で、ユーザーの利益のために編纂していると思えるのはWikipediaの方です。

e-wordsは「SEO」上位1~10位の中で最もコンテンツが希薄と言えます。e-wordが唯一勝っているのは、Googleの広告の数。

よくあるSEO都市伝説に「Googleの順位決定の1つにGoogle広告が掲載されている方が順位が高くなるというアルゴリズムが存在する」。都市伝説ですが、それを疑いたくなるような状況ですね。


関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る