米国のGoogle+ローカル エコシステム


2013-local-search-ecosystems
昨日(2013/9/11)にSEO対策に重要なGoogle+ローカル対策チェックリストを掲載しましたが、タイミングよく、米国のGoogle+Localのインフォグラフィックスがmozに公開されていたのでご紹介。

これによると、現在の米国に於けるローカル情報の上流は、infogroup(ビジネス情報データベース)yext(ローカルリスティング)Factual(位置情報データベース)、Neustar Localeze(ビジネスリスティング)、acxiom(ビジネス情報データベース)がデータの源流となっています。

スクリーンショット 2013-09-11 20.17.50
スクリーンショット 2013-09-11 20.22.48
スクリーンショット 2013-09-11 20.24.43
スクリーンショット 2013-09-11 20.32.51
スクリーンショット 2013-09-11 20.43.05
情報は巡り巡って、Google+ ローカルにも入るわけですが、源流はinfogroupとacxiomの2つです。GoogleはGoogleマップという強力なデータベースがすでに存在していますので、ビジネス情報だけを取得しているようです。

対してAppleはこんな感じです。

Appleは前回のマップの大惨事の事もありGoogleに大きく差を付けられています。ローカルはデータ勝負。多くのプレーヤーが集う非常に熱い市場ですね。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る