Zen Back に効果があるとは信じたくないが、しかし!


スクリーンショット 2013-10-17 22.33.12
このサイトには異質にも1つだけ広告が載っています。広告ゼロでしたがZen Backの賛否両論が凄い振れ幅だったので気になって導入しました。私も効果懐疑派です。これ系のツールだけでトラフィックが増えるはずが無い。とはいえ否定する前にまずは試してみようと言う事で導入。気になる結果ですがー 

2013101702
うーん、偶然にも伸びてますね。勿論トラフィックが増えたのは単にZen Backを導入したからでは無いです。他にも色々やってますし、記事も更新を続けていますので。ただ、このタイミングで上がるという事は、何らかの因果関係はあるのではないかと思います。

結論:Zen Backの効果はあるが、限定的でリスクも高い


1.接触機会は増えたのではないか。

このブログのように無名な場合、露出させるためにはありとあらゆる手段を駆使しなければなりません。SEOブログである以上、全ての関連ワードで検索上位に食い込ませるのはもちろんの事、検索エンジン以外の露出も必要です。

そこでZen Backに期待したのが、自分のブログが、他の有名ブログにあわよくば出てくれる事です。一度でいいから訪問してもらいたい。

そして、その効果は僅かながらも「あった」と思います。

着目したのはトラフィックの頂点ではなく、下限です。このブログは会社から同僚がアクセスしてくれることもあり、またテーマもビジネス系が多いため、平日のアクセスが多く土日のトラフィックが極端に落ち込みます。

上記のキャプチャにもあるとおり、この落ち込む谷間を少しでも引き上げているのはZen Backの効果であると思われます。

2.大きなリスクを負ったのではないか

逆に流出も圧倒的に増えました。これは大きなデメリットです。

正直、上部に設置するのはお勧めできないかも知れません。流出を促進します。

2013101704
2013101703
キャプチャの通り、まず平均ページビューは減少。総ページビューも導入前と導入後はほとんど変わりません。
このブログの場合、ユーザが増えているのでマイナスにはなっていません。よって現時点では許容可能です。しかしユーザ数は増えているのにページビューがこのまま変化しないなら問題だと思います。

3.SEOには無害

SEOだけ見れば、このサイトが微力ながら証明している通り問題はありません。このツールが原因で順位が下がるという現象も確認しておりません。たぶん無害でしょう。

リンクには全てが入っていますので、単なるWidgetとして機能します。このツールでペナルティを受ける事はまずありません。

被リンクを期待しているなら、それは無駄です。順位を上げる効果もありません。

4.全てのオプションをオンにはしない

Zen Backには様々な機能がありますが、私は最低限の機能だけにしています。1つ1つの機能はワードプレスのプラグインに、もっと優れたプラグインが有ります。

しかし、個々のプラグインを探してきて導入していく事に負担を感じるのであれば1つのスクリプトだけで豊富な機能を使用できるZen Backは有用と言えるのではないでしょうか?

5.記事ボリュームが有るなら優位か?

Zen Backは他ブログの関連テーマに自分の記事が載るので、多様な記事を大量に保有しているなら若干でも優位に働くと思います。

この点では、このブログには向いているのかも知れません。逆に記事量が少ないのであれば導入は熟慮した方が良いと思います。流入と流出のバランスが崩れる可能性が高いでしょう。

このブログは導入時点で100記事超えていましたので優位に働いたようですが。

最後にー

私は、もう少しだけ使ってみようかと思います。ただ、速度に不満を感じたり、他のもっと良いツールが有れば外すと思います。効果懐疑派ですが「無駄ではない。」が新参SEOブログから見た現時点での結論です。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る