検索キーワード復活!Googleウェブマスターツールが超改善


(not provided)で失ったキーワードが戻ってきました。グーグル・ウェブマスターツールが改善し、流入キーワードの表示回数とクリック数が確認できるようになっています。not providedになってしまったSEO対策に必須のインバウンド・キーワード(流入した検索キーワード)を確認できます。これは、凄い!

検索キーワード数の確認が簡単に

httpsによるキーワードの隠ぺい(not provided)が始まって以来、どのキーワードが、どのくらいのボリュームで、どのページに来ているのかが判りませんでした。

それが見えるようになっています。

上位のページで流入クエリのボリュームが確認可能に

2014010701 2014010702
(not provided)以降、ニーズと傾向はページのアクセス数で測るしかなかったので、これでも随分改善しました。

3ヶ月分の検索クエリも反映

レンジを最大の3ヶ月すると値が変化するので(おそらく)過去データもしっかり反映されていると思われます。これで今までのSEO対策に何とか戻せそうです。

スクリーンショット 2014-01-08 0.20.52

各検索キーワードの確認も改善

ドリルダウンした各キーワードをクリックするとどこでボリュームが変化しているのかを時系列で確認できます。

スクリーンショット 2014-01-08 0.33.02

変化率の確認と連携でツールとして一人前に

そのほかの値も充実、改善されています。ドリルダウンしたキーワードをクリックすると各キーワード詳細に飛びます。その詳細はレンジを3ヶ月にshても、過去との変化率(つまり90日以前のデータ)を表示します。

※直近1ヶ月(クエリ「http https」は減っている)
スクリーンショット 2014-01-08 0.38.21
※3ヶ月(クエリ「http https」は増えている)
スクリーンショット 2014-01-08 0.38.52
スクリーンショット 2014-01-08 0.48.03

(not provided)が再度見えるようになっただけ

凄いと書いてますが、以前、見えていたものが、再度見えるようになっただけです(笑)。しかし、Googleウェブマスターツールが神ツールになったかのような錯覚を受けるから不思議です。

【関連記事】(not provided)キーワードを確認して改善する

本稿執筆時点ではGoogle Analyticsにはまだ反映されていません。Gooleさん期待してますよ。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る