SEO対策に有効か?140項目の検証シート


検索エンジンの詳細仕様が公開されていないために、推測で根拠の無い「都市伝説」的なSEO手法が未だに根強く残っているケースも少なく有りません。巷にあるSEOへの影響有無が多少なりとも言及されたテーマをカテゴリ別に纏めてみました。

※効果の有無や詳細については、幾つか詳細のページを作成しておりますのでそちらを参照下さい。


ドメインとSEOの関連性  >>関連情報
1 ドメイン年齢 [ 関係無し ]
2 ドメイン登録情報(Who is情報)の表示/非表示[ 関係無し ]
3 ジェネリックトップレベルドメイン(gTLD)
4 国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)
5 ドメイン(サーバー)のIPアドレス[ 関係無し ]
6 ドメイン過去履歴 (IPアドレスの変更履歴や頻度)
7 ドメイン過去の所有者(過去所有者の履歴や変更頻度)[ 関係無し ]
8 同一IPを使用する別ドメインとの関係
9 ドメイン名の長さ(文字数)
10 ドメインに含まれるキーワード [ 関係有り:やりすぎはスパム ]
11 サブドメインに含まれるキーワード [ 関係有り:やりすぎはスパム ]
12 キーワードが含まれる日本語ドメイン
サーバー >>関連情報
13 サーバーの場所 [ 関係有り(モバイル)/参考情報 ]
14 サーバーの性能 [ 関係有り(モバイル)/参考情報 ]
15 サーバーの信頼性/稼働時間 [ 関係有り(モバイル)/参考情報 ]
16 ネットワーク速度 [ 関係有り(モバイル)/参考情報 ]
アーキテクチャ(構造や仕組み)
17 URLの命名と表記方法 [ 関係有り:やりすぎはスパム ]
18 論理的なHTML構造 [ 関係有り ]
19 CSSの外部ファイル化 [ 関係有り/参考情報 ]
20 JavaScriptの外部ファイル化 [ 関係有り/参考情報 ]
21 ウェブサイト構造、アクセシビリティ [ 関係有り ]
22 URLの長さ(255バイト以内)[ 関係無し ]
23 正しい文法で書かれたHTML [ 関係有り ]
24 トレイリングスラッシュ( / )で終わる
25 URLの正規化(wwwの有無統一) [ 関係有り ]
26 HTTPエラー(404)のボリューム(サイト全体) [ やや関係有り ]
コンテンツ
27 コンテンツの言語明記(文字コード)[ 用途によって重要度が変わる ]
28 コンテンツの一貫性[ 用途によって重要度が変わる ]
29 コンテンツ量(HTML形式とテキスト)[ 関係有り ]
30 リンクの数とそれ以外のテキスト量との関係(比率)
31 純粋なテキストコンテンツ(リンク、画像、コード以外)
32 canonicalの明記 [ 用途によって重要度が変わる ]
33 コンテンツの時事的要素(新鮮さ[ 用途によって重要度が変わる ]
34 Semantic information[ 用途によって重要度が変わる ]
35 カテゴリのコンテンツフラグ(トランザクション、情報、ナビゲーション)
36 コンテンツの質(情報の深さ)[ 関係有り ]
37 フラグが設定されたキーワードの使用(ギャンブル、出会い系等)[ 関係有り ]
38 ALT属性
39 悪意のあるコンテンツ有無[ 関係有り ]
40 単語の入力ミス・誤字[ 関係有り ]
41 使用するフレーズの新鮮さ(他サイトで使い回されていない言い回し)
42 モバイルディスカバリー[ 用途によって重要度が変わる ]
内部のクロスリンク
43 ページへの内部リンク[ 関係有り ]
44 ターゲットページに対しての同一アンカーテキストの使用[ 関係有り ]
45 全ページ共通部分(グローバルナビゲーション等以外)の内部リンク[ 関係有り ]
46 外部へのリンク評価の移転対策
47 内部リンクの密度[ 関係有り ]
ウェブサイト全体
48 正しく表記されたrobots.txtファイルの有無と内容
49 サイト全体の更新頻度[ 用途によって重要度が変わる ]
50 サイト全体のサイズ(ページ数)[ 用途によって重要度が変わる ]
51 Googleがサイトを最初にインデックスした時から経過時間[ 関係有り ]
52 XMLサイトマップ有無[ 関係有り ]
53 コンタクトフォーム、プライバシーポリシー、利用規約など、信頼性を向上させるページの有無
54 ホームページの種類(ブログ形式、ポータル形式、企業サイトなど)
ページ固有の要因
55 ページ年齢(最初にINDEXされた時期)[ 関係有り ]
56 ページの鮮度(更新頻度や新鮮さ)
57 ページ更新の割合(更新時に何%が更新されたか)
58 サイト内の類似ページの有無[ 関係有り ]
59 ページ内容(専門性)[ 関係有り ]
60 ページの読み込み時間[ 関係有り ]
61 ページタイプ(メインコンテンツからのアクセシビリティ)[ 関係有り ]
62 サイト内でのページの話題性(キーワードで内部リンクが張られている)
キーワードの使用頻度、キーワード使用方法
63 キーワードの出現回数
64 title内キーワードの有無 >>タイトルタグの記述方法
65 title内のキーワード位置
66 title内キーワードの重複[ 関係有り ]
67 title内英数字の半角記入
68 titleの長さ[ 関係有り ]
69 descriptionでのキーワードの使用 >>descriptionの記述方法
70 descriptionでのキーワードの位置
71 description内英数字の半角記入
72 descriptionの長さ[ 関係有り ]
73 meta keywordの設定 [Googleは関係なし]
74 前方100字以内でキーワードを使用(コンテンツ上部でのキーワード使用)
75 h1タグ内でのキーワード利用
76 h2タグ内でのキーワード利用
77 h3タグ内でのキーワード利用
78 strongなどの強調タグでのキーワード使用
79 altタグ内でのキーワード使用
80 内部リンクでのアンカーテキスト内にキーワード使用[ 関係有り ]
81 外部サイトへの発リンクにキーワード使用
82  ページ/サイトのテーマと関連するキーワード同義語の使用
83  ファイル名のキーワード使用
アウトバウンドリンク
84 外部発リンクドメイン数
85 外部発リンク数(100以内/ページ)
86 リンク先ページの品質
87 低品質なサイトへのリンク
88 外部リンク先の関連性[ 関係有り ]
89 404ページとその他エラーページへのリンク
90 クライアントサイトからSEO業者サイトへのリンク
91 関連画像へのリンク
バックリンクのプロファイル
92 被リンク数[ 関係有り:スパム率も高い ]
93 被リンクのドメイン分散
94 リンクサイトとの関連性[ 関係有り:スパム率も高い ]
95 リンクページとの関連性[ 関係有り:スパム率も高い ]
96 リンクサイトの品質
97 リンクページの品質
98 リンクネットワークとのつながり [ 関係有り ]
99 同様のバックリンクソースを持つサイトの存在
100 リンクソースのパターン(ペンギン2.xは高精度で認識しているかも)
101 アンカーテキストのパターン
102 リンクしているサイトIPアドレスパターン[ 関係無し ]
103 リンク元サイトのIPアドレスパターン[ 関係無し ]
104 トップレベルドメインパターン[ 関係無し ]
105 話題のパターン
106 リンクサイトのパターン(過去ログ、ディレクトリ系など)
107 リンク設置場所のパターン(ペンギン2.xは高精度で認識しているかも)
108 オーソリティサイトからのリンク(大手ニュース系サイトなど)[ 関係有り ]
109 質が低いフラグを持ったサイトからのリンク[ 関係有り/参考 ]
110 全体の被リンクに対しての相互リンク比
111 全体の被リンクに対するソーシャルメディアからのリンク比
112 被リンクの急激な増加や自作的パターン
113 DMOZディレクトリの登録[ 関係有るが軽微 ]
114 Yahooディレクトリへの登録[ 関係有るが軽微 ]
ページ別のバックリンク
115 バックリンクのトップレベルドメインの権限(.comに対する.govなど)
116 オーソリティドメインからのリンク[ 関係有り ]
117 オーソリティページからのリンク[ 関係有り ]
118 リンクの位置(フッター、グローバルメニュー及び本文)[ 関係有り ほぼある]
119 アンカーテキスト中のリンク
120 リンクのタイトル属性
サイトトラフィックと来訪者の嗜好
121 トラフィック
122 訪問者の統計(パターン)(関係あるのではないか?)
123 直帰率(類似サイトとの比較)
124 訪問者の閲覧パターン(関係あるのではないか?)
125 再訪問や新規セッションなどのパターン
126 SERPs内でのクリック数
ペナルティ、フィルタなどのフラグ
127 キーワードスタッフィング  【参考】キーワード・スパム[ 関係有り ]
128 リンクの購入フラグ [ 関係有り/参考 ]
129 リンク販売フラグ [ 関係有り/参考 ]
130 スパム歴(コメント、その他のリンクスパム)[ 関係有り ]
131 クローキング【参考】キーワード・スパム[ 関係有り ]
132 隠しテキスト【参考】キーワード・スパム[ 関係有り ]
133 重複コンテンツ(外部複製)[ 頻度が大きければ関係有り ]
134 ドメインの過去のペナルティ歴
135 過去のハッキング歴
136 301及び404を用いたリダイレクトスパム[ 関係有り ]
その他
137 Googleウェブマスターツールの使用
139 Googleブログ検索のインデックス履歴
140 Googleアドワーズ広告利用
141 Google Analyticsの登録


関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る