Googleプレイス登録とローカル検索最適化は必須


Googleローカル検索

Googleのローカル検索最適化は、オーソドックスなSEO対策に位置情報という新たな検索順位の評価要素を加えたものです。これまでのキーワード主体の評価に位置情報が加わることで、お客様のニーズとサイト順位がより密接な関係となり、意味づけも明確になります。

Google検索結果はローカル検索対策が重要

Googleはスマートフォン(スマホ)でのO2O(Online to Offline)を重視し、位置情報に関連性の高い移動中のスマートフォン検索に特別な検索順位を与えます。店舗運営などのローカルビジネスにGoogleプレイス登録とGoogle+の運用、それら全体を束ねるGoogleローカル(ビジネスリスティング+地図+ソーシャル)は必須と言えるでしょう。

ローカル検索を意識したSEO対策で最低限、以下は対応しておきましょう。
  • ビジネスリスティングを登録する
  • Google+に登録
  • 店舗、会社用にGoogle+ページを作る
  • サイトのタイトルに地名を入れる
  • トップページに店名(社名)、住所、電話番号、地図を掲載する。

【参考】ローカルSEO対策のためのチェックリスト30
【参考】2013年ローカル検索に関するランキング要因

特にローカル検索に必要な項目(場所、エリア、住所、電話番号)を全てトップページに掲載する事から始めましょう。検索エンジンが認識できるように、場所が正確に記されていれば、地名が入った検索ではローカル検索結果が出る領域で上位にポジションできる可能性が高まります。

スマートフォン(スマホ)など位置情報に影響されやすいモバイルデバイスでは大きな影響を与えることになります。

検索結果からの集客にも影響

Google検索エンジンは最近ローカル検索と通常の検索結果を統合し、ローカルの検索結果を1つの画面で表示させるようにしました。その結果、ローカル検索も十分に対策をしたWebサイト(ホームページ)がスマホのSEOでは、より優位なポジションを得ることに成功しています。

さらに、Googleはこのローカル検索結果とソーシャル・レビュー(評価)も統合しており、ソーシャルネットワークとの関係性も順位に影響が出るようになってきています。

レビューに関して言えば必ずしも悪い評価が検索順位の低下に繋がるわけではありません。寧ろ偏った悪い評価を、検索エンジンなりの解釈で補正・フィルタリングする可能性もあります。(検索結果からのクリックが多かったり、サイトの閲覧が多かったり、店舗名名指しの検索があれば、良い評価として検索結果に反映される可能性が高い。)

また、スマートフォンなどモバイルデバイスにおけるローカル検索のポジションは、非常に優遇されており、ローカル検索の一位を取ることで大きなトラフィックが期待されます。PCよりも遙かに小さな画面の大半を占めるこの検索結果は、かつて無い成功を生み出す可能性を占めていますが、それだけにより熾烈な競争が発生するかも知れません。

【SEO対策の基礎学習 目次】


関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る