SEO対策の基本アプローチ


SEOとは

SEO(Search Engine Optimization)とは検索エンジンからのトラフィックを「より多く」するための手法です。

なぜSEO対策を知りたいと思ったのでしょうか?「あなたは何か特別な検索キーワード」で上位になりたいと考えているはずです。そして、そのための手法として「SEO対策がある」事を知りました。この時点で「上位になる事」が目的となりゴール設定しています。

本来の目的は、より多くの人に、あなたのビジネスを知って貰い、価値があることを説得し、契約を結ぶことに有ります。検索結果の1位になることは、多くの、購入動機の一要因に過ぎません。その検索キーワード(検索クエリ)が確実にビジネスにプラスになると「確証」を得ていますか?

この確認が一番重要です。これから行っていくSEO対策は、時間かコストの何れかを消費する事になります。もし、確証の無い検索キーワードを上位施策しようとしているなら、納得いくまでアクセス解析をし、Webサイトの再構築とコンテンツの充実に力を注ぎ、競争相手との勝因・敗因分析をしましょう。

もし、これらが判っていて施策の一部としてSEO対策に取り組むべきだと考えているなら、次のステップに進みましょう。

基本的なSEO対策の手順

ウェブサイトを最適化するには、内部施策および外部施策のマーケティング以外の側面も改善する必要があり、それにより正当な評価を検索エンジンから得られる確率を高めます。

実際にSEOの対策アプローチを誤っている企業は、より良いサービス、より理解しやすいコンテンツ、より優れた商品を持ちながらも、SEO対策のテクニックに関する理解が低いために検索エンジンの正しい評価を得られていないことが多分にあります。

SEO対策の多くのことは一般的なマーケティングのアプローチと合致するため、「SEOだけ」の対策は少ないのですが、確かに、いくつかは、高度で専門的な知識が無いと解決できません。SEOだけのユニークな要素を着目して改善する必要があるのです。

トラフィックを生成する用語やフレーズの発見」と「検索エンジンにもフレンドリーなサイトを作る」には、リンクの記述方法を学び、リンク構造から見て最適なツリー構造を構築し、サイトにある価値を最大化できるよう解説していきます。

■Webトラフィックの把握

Webトラフィックの大部分は主要な商用検索エンジンGoogleBingヤフーによって牽引されています。あなたのサイトが検索エンジンで「直ぐに」あるいは「簡単に」見つけることができない時、顧客獲得の機会を逃してしまう事になります。

まず「検索クエリ」をよく観察しましょう。検索クエリの行動を知るためには、キーワードツールやWeb解析データが役に立ちます。

Google Analytics – 基本となる解析ツールで無料です。エンタープライズ用には、もっと優れたツールも多くありますが、無償では唯一の選択肢です。

Google ウェブマスターツール – 基本となる解析ツールで無料です。Google Analyticsとは異なる部分も多く有り、特に「検索行動」「検索クエリ」に特化したデータが取得できます。欠点はリアルタイム性が弱く、また、データの保存期間も限られているので継続的な確認が必要な点です。

Google Adwords – 広告ですが、意外に簡単に「個人」でも比較的低額で利用可能です。このAdwordsはクリック課金で、一部の操作に特殊な知識や技能も必要ですが、SEOとは異なり即効性が有り、かつ、リアルタイムデータを即座に集められるメリットがあります。

最も国内シェアが高い(日本ではYahoo!JapanもGoogleエンジン)Google検索について知りたいと考えるなら、最低でも上記3つは利用してみることをお勧めします。特にGoogle Analyticsと、Google ウェブマスターツールは必須です。

■なぜ、あえて検索エンジンのために手を加える必要があるのか?

検索エンジンは常に膨大なウェブサイトをクロールし、検索で関連性の高い結果を返すために日々改良が加えられています。しかし、検索エンジンはアルゴリズムの集合体に過ぎず、正しい「シグナル」を与えないと、人が考えないような誤ったシグナルを重視してしまう場合も多いのです。

また、その誤った「バグのような」動作を悪用し、検索結果に意図的な操作をする人たちがいます。

まず最初にすべき事は、正しく解釈するように適切なシグナルを検索エンジンに送る事です。あなたのサービスやコンテンツが優れたものであれば、適切なサイトの再構築(しかもこれまで積み上げてきたことは決して無駄にならない僅かな再構築)で検索ユーザにあなたのサイトをPR出来るようになるでしょう。

オンライン環境は、ますます競争が激しくなってきています。シビアな闘いで、少しでも優位に立ちたいと考えているなら、有益で、アルゴリズムの変更に振り回されないマーケティング重視のSEOを始めましょう

【SEO対策の基礎学習 目次】


関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る